ravbit-blog 

交通事故で障害を抱えたから、面白く起業して生きる日記

高いものは美味くて当たり前。

飯の美味い。

 

俺は値段が高い美味いものが好きです。

 

しかし、それ以上に値段が安くて美味いものが好きです。

 

それはなぜか。

 

センスが介在するからです。

 

値段が高いものは塩焼きにすれば美味い。

 

しかし値段が安いものは塩焼きで美味いことはあまりないのだ。

 

そこは、手間をかけ、味を想像し、センスを信じて自分の色で染めるほかない。

 

労働力もコストには違いないが、自分のセンスをたしかめることができるという意味で、安いものを美味くするのは楽しい。

 

と、半額になった鰈のムニエルを食べながら思うのである。