ravbit-blog 

交通事故で障害を抱えたから、面白く起業して生きる日記

就職しないという選択。これは逃げか?

俺は就職活動することをやめました。

 

そして、企業に就職しません。

 

俺が理想とする企業が存在しなかった、俺の需要がなかったといったところです。

 

これは逃げ?

 

そう思う人もいらっしゃるでしょう。

 

俺は就職活動で、一切の内定がなかったわけではありません。

 

世界的に有名な企業から内定をいただきましたし、それを選べば安定した道は確約されていたようなものです。

 

外資も受けました。最終まで行きました。

 

そして、第一志望か?と聞かれ、俺は「いえ、嘘はつきたくないので・・・」

 

と言ってしまったわけです。

 

これじゃない。というあやふやな感覚。

 

たぶんこういう感覚は、交通事故前にあり得なかった。いや、高校時代にはあり得なかった。

 

俺の人生が享楽的で、短いと知ったからの選択。

 

 

俺は将来的には起業する。

 

これは俺が小学生のころから(当時は弁護士としてだったけど)の夢だった。

 

それには大手だと遅すぎると感じたわけだ。

 

俺は7月ごろからベンチャーを受けた。そして、ことごとく落ちた。3次まで行っても落ちた。

 

人事部長に会えば必ず落とされた( ;∀;)

 

俺はベンチャーに向いてないのかも・・・と思ったのも事実だ。

 

といっても、本当のスタートアップ企業を受けることはなかった。

 

正直、スタートアップ企業から学ぶことはないと思ったから。

 

俺もスタートアップぐらいできるという自信があったからだ。

 

・・・ここで、俺は自分自身で今すぐに独立した方が良いんじゃないかと感じた。

 

俺は、月間でネットビジネスで20万程度稼いでいる。

 

俺に不可能じゃない。

 

それに、起業しようといえば一緒にやってくれる親友がいる。

 

 

(起業といっても、まだ法人化しないけど。)

 

 

いや、もとより本当は就職活動をしたくなかったのだ。

 

 

やりたいことが山ほどあるから。時間が足らないと思っていた。

 

逃げなのか?

 

確かに、どこか小心者の俺は決断できていなかったのだと思う。

 

いまは決断出来て、晴れ晴れとしている。

 

さて、卒業までに月の純利益40万まで引き上げるぞ!

 

そして、俺が今計画している事業に必要なことをそろえるぞと。

 

さあ男なら、たとえ溝の中でも前のめりで死ねよ。